わき脱毛、毛穴のぶつぶつ。原因と解消法

わきのムダ毛処理、エステでお手軽に脱毛が出来るようになり、エステでの施術を受けている人も多いと思います。でも、まだ、自宅でわき脱毛を行う方も多いと思います。

脱毛エステで処理を行うひとはあまり心配ないかもしれませんが、わきの脱毛をした際にぶつぶつになってしまうことがありませんか?

脱毛エステでの処理でも、対処が良くないと肌荒れやぶつぶつを起こすこともあるようです。
自宅で処理するとなおさら、肌が荒れてしまったり、ぶつぶつになってしまいます。

わきの脱毛をして引き起こすぶつぶつ。その原因にはどんなことがあるのでしょう。

1、自宅での処理で多いのは、カミソリによる剃毛。カミソリで毛を剃ると、毛の生え際の皮膚を引っ張りながら毛をカットしていくことになります。この時に毛穴の出口を傷つけてしまっていませんか?毛穴が傷つき、炎症を起こしてぶつぶつの原因になることがあります。
例えば、カミソリを浴室のように湿気が多い場所に置いておくと、知らない間にカミソリの刃がさびてしまうことがあります。そんなカミソリで無理に毛をそると、ぶつぶつの原因になります、
カミソリは清潔に保ち、出来るだけ浴室に置かないことが大事です。

2、つぎに、毛抜きによる脱毛ですが、これは、毛を抜く際に毛穴を引っ張り、ぶつぶつになってしまうことがあります。そのため、毛穴周りの皮膚が盛り上がってしまうことがあります。毛が太い人ほど、毛穴への負担はかかりますので、毛抜きを使う前や使った後にお肌のケアを行いましょう。毛抜きの前にホットタオルなどで皮膚を柔らかくしてから処理をし、抜いた後は冷却したり、乳液などで保湿を行いましょう。

3、毛穴のケアをしっかり。
脱毛エステでも、自宅での毛抜き処理でも、どちらにも当てはまりますが、毛を抜くと毛穴で皮膚と毛の摩擦が起きてしまいます。
無理に抜くことで毛穴に傷がはいり、そのままキチンとケアをしないと、炎症を起こしてしまって、ぶつぶつがひどくなります。

4.肌荒れに注意」!
お肌が弱いひとは要注意です。自分で肌が弱いと思っていない人でも、カミソリで毛を剃ると荒れてしまった
など、処理後に肌荒れに悩まされることもあります。自分の肌のことを知っておくのは大切なことですよね。
肌荒れによって、ぶつぶつになることもあります。

他にも原因となるものがあるかもしれませんが、大まかには上記だと思います。
これらのぶつぶつ原因をなくすためには、やはり事前の準備が大切。
先ほども述べましたが、最初にホットタオルでしっかりと蒸らして肌をやわらかくすること。毛穴が開くので、比較的毛が抜けやすくなりますよ。痛みの軽減にもなるので、一石二鳥です。

毛を抜いた後は、しっかりとケアをすることです。気を抜いた場所をしっかり冷やして毛穴を閉じます。これでばい菌などが毛穴に入りにくくなるので、炎症を起こすことも少なくなります。
その後は、化粧水や乳液でお肌を整えて、清潔にしましょう。

せっかく、見えてもいいようにムダ毛の処理をするのに、肌が荒れてしまって見せられなくなると悲しいので、手間はかかりますが、がんばってお肌を大切に、キレイにしましょうね!